おはようございます、びよびよです。

 

今日はざしきちゃんとお届けする絵本紹介です!

 

 

ほとんどの方が一度は読んだことがあるはず、グリム童話の中のお話です。

 

 

 


 

 

絵本紹介  「おおかみと七ひきのこやぎ」

 

 

グリム童話

絵:  フェリクス・ホフマン

訳:  せた ていじ

発行所:福音館書店

定価: 1400円+税

サイズ:22cm×30cm

ページ:32ページ

 

おおかみと七ひきのこやぎ (世界傑作絵本シリーズ)
 (※画像をクリックすると、Amazonの購入ページに移動します)

 

 

「おおかみを家にいれないように」と、

おかあさんやぎは7匹のこやぎたちにそういって森に食べものを探しにでけます。

こやぎたちは、おおかみの「しわがれ声」や「黒い足」をしっかり見ぬいて、

おおかみを追い払いますが、諦めないおおかみに騙されて

とうとう家に入れてしまい、こやぎ達は次々と食べられてしまいます。

 

 


 

 

 

とうとうですね、グリム童話!

名作ぞろいです。

 

でも改めて読むとちょっと描写がリアル、というか怖いような・・・

 

 

はい♪今回も名作です!

 

そうですね。

「本当は恐ろしいグリム童話」なんて本もありますしね。

 

 

う〜ん。確かに当時話題になりましたよね。

 

 

 

でも私、怖いのはできる限り避けて生きてるので手を出したことはありません。

思い出したり、眠れなくなったら嫌だし。

 

 

 

店長、話が逸れてますよ・・・(笑)

 

 

 

あ、すいません!今日は

「おおかみと七ひきのこやぎ」ですね。

 

大人になって読んだ時

「あれ、こんな感じだっけ?!」と少し戸惑ったのですが

このタイトルは何冊か発行されてますよね。

 

どうやらこの本が一番原作のグリム童話に忠実に描かれているそうなんです。

 

 

 

私はこの感じで思ってました。

 

 

 

ざしきちゃんはよく覚えてたんですねぇ。

 

私は娘に読むまでは

「チョークを食べたら声がきれいになるなんてフシギ〜」

という感想しか覚えてなかった(笑)

 

なので読み聞かせの時はおおかみのしわがれ声と、声をきれいにしたあとの声、

こやぎたちとのやり取りとかめっちゃ声色変えましたよ。

娘も喜んでました。面白かった!!

 

 

 

ふふ。店長は読み聞かせ楽しんでますよね、いつも。

 

私はやっぱり最後の方の

 

「おおかみ しんだ! おおかみ しんだ!」

 

と井戸のまわりで踊ってるのにびっくりしました。

 

 

 

自分で絵本を読むのと読み聞かせと一番違うところじゃないですか。

こういうところも楽しみます!疲れてる時はしんどいですけども。

 

 

そうですね、ここだけ見ると確かにびっくりしますよね〜。

 

でも、序盤から

お母さんヤギが子供達にとても愛情をかけている描写や

お母さんヤギが森から帰ってきて惨状を目の当たりにした時の様子が

しっかり描かれているので、私はお母さんに同調しちゃってました。

 

それに、おおかみはずっとこの一家をしつこく付け狙ってたんだろうな、

と思えるようなイラストが描かれているので、あんまりそこだけ残酷だとは思わなかったです。

 

 

 

なるほど。娘さんの反応はどうでした?

 

 

 

う〜ん?特には。

むしろ、何回も持ってきてたので好きな絵本ですよ。

 

 

 

あれですよ、店長の演技が面白かったんですって(笑)

 

 

 

いやいや、もふもふの動物が出てくるからかもしれません。

白くなった前足を窓にかけてるところなんか可愛いですもん!

 

 

 

いろんな楽しみ方ができますね(^ ^)

 

 

 

どこに楽しみを見つけるのか名作なだけあって、たくさんあります!!

 

 

 

そして、大人の目線で読むと子供の頃と違った印象を受けるかもしれません。

是非とも、お手にとって楽しんでくださいね。

 

 

<オススメ絵本紹介ページに戻る>