ぽちまり

宇宙人は『アオビヨ』と名乗った   「・・・てわけでね、地球で騒ぎを起こしてさ、 その元皇子をおびき出す作戦なわけなんだよ」   ぽちまりを連れ去った青い色をした宇宙人は『アオビヨ』と名乗り、 延々と地球に来た理由を語り出しました。 そんな話は、もちろんぽちまりの耳に入ってきません。   (どうすれば良いの・・・?)   涙をこら ...
幸せの絶頂から・・・   今日は待ちに待った、イヌメンZと約束した パーティーの日。 この日のためにお裁縫の得意なつっきーが 作ってくれたドレスを着て、ぽちまりは イヌメンZの元へ向かいます。   (まさか私が恋人としてお呼ばれするなんて!)   ・・・しかも明日はバレンタイン、イヌメンZの大好物 『ビターチョコ』を胸にスキップするぽちまりで ...
ぽちまりの恋心は加速する   幼馴染つっきーのおばあちゃんである “深海の魔女”により、眠っている間は人魚の姿に戻るものの、 起きている間は人間の足で歩けるようになったぽちまり。   (これなら地上で動きやすくなるわ)   「本当に、ありがとうございます!」   すでに洞窟の中に戻ってしまったつっきーの おばあちゃんへお礼を言うと、 ...
『魔女の黒い森』へ   腫れ上がった尾ひれもどんどん回復してきた頃、 イヌメンZに抱きしめられた(持ち上げられた、の間違い)ことを 毎日思い出してはニヤニヤしているぽちまり。   その話を何度も聞かされた幼馴染のららっこ君は、   「イヌメンZと付き合いたいなら、 人間にならないとダメなんじゃない?」   とぽちまりを笑います。 ...
海へ帰らなきゃ!   つっきーの魔法で30分だけ足が生えるように なったものの、イヌメンZに人間として会いたいがために、 会えるギリギリまでは尾ひれで立っていたぽちまり。 無理をしたせいか、ついに尾ひれが赤く腫れ上がり、 とうとう立つことができなくなってしまいました。   痛さのあまり、その場に倒れてしまいます。 イヌメンZに差し入れしようと用意したお弁当も ...
張りきる幼馴染つっきー   人間界の男の人を好きになった人魚・ぽちまり。 今まで、『恋に恋する乙女』だったものの、 実際に恋に落ちたのは初めて。   もちろんこの初めての恋を、 仲良しの幼馴染つっきーに相談します。   出会いから始まり、どんな人だったのか、 どんな話をしたのか・・・。   色々話は聞いているものの、 ...
そう遠くない未来。 このお話は、人だったり動物だったりが同じ言葉を話して共存する 少しファンタジーな世界でのお話です。   * * *     一目惚れした乙女の決意   ここは、深い深い海の中。 海の中で暮らすぽちまりは、ママは人魚で パパは元海賊の人間といういわゆる「ハーフ」です。 人魚と海賊というカップルなので、 もちろんパパとママが ...