タリー

つっきーは『わかる』タイプ     ロボタリーちゃん3号をオータ博士に連れて行かれ、 全く人手が足りていない状況でタリーが事務所で仕事をしていると、 つっきーと名乗る水色の髪をした女の子が現れました。   「すみません! 私はぽちまりの親友で、つっきーと申します」   見るとかなり疲れ切った表情で、なんと足は裸足でボロボロです。 とにかく ...
ロボタリーちゃん3号実家に帰る     驚異的なスピードでオータ博士とイヌメンZはロケットを完成させて 宇宙へと出発していきました。 タリーはオレビヨから送られてきたバズーガ星の場所をロケットに送ります。 (社長、どうか無事に帰ってきてください! なるべく早く!)     * * *     イヌメンZが宇宙へ飛び ...
一旦会社に戻って冷静に・・・     ハニーのお店のライバル店『オレはちみつ堂』の社長である オレビヨの家に乗り込んできたタリーとハニーですが、 ぽちまりを連れ去った青くて丸い宇宙人『アオビヨ』に 連絡を取ることに成功することができました。   しかし、ぽちまりを解放するようにアオビヨを説得しても 「無理だね」と断られてしまいます。 ぽちまりの真珠 ...
ぽちまりの行方は・・・     ここは、ハニーのお店のライバル会社『オレはちみつ堂』の社長・オレビヨの家。   “ぽちまりをさらった宇宙人と似ている”   というだけの理由で、タリーとハニーの女子2人に乗り込まれたオレビヨ。 最初は「知らない」の一点張りでごまかそうと思っていたようですが、 ハニーの迫力に圧倒され、ついに仲間であることを白状した ...
怒れるハニーと驚くタリー     ぽちまりを連れ去った宇宙人が、ハニーのお店『ハニービー・カンパニー』の ライバル店『オレはちみつ堂』の社長であるオレビヨと似ていることに気づいた タリーは、ハニーと一緒にオレビヨの家に乗り込んでいきました。   「これはこれは、ハニーさん!」   急なハニーの訪問に、オレビヨは最初驚きの表情を隠せなかったのです ...
ハニーの怒り、タリーの驚き   ぽちまりを連れ去ったのが、ハニーの家を覗き見ていたオレンジ色の宇宙人 (その正体は、ハニーのお店のライバル店社長『オレビヨ』)と似ていたことを 思い出したタリーは、ハニーと一緒に車でオレビヨの元へ向かっていました。   「ゼットお兄ちゃんの彼女を連れ去るなんて!」   ハニーの怒りは頂点に達しています。 ムクムクと湧き上が ...
車でハニーとオレビヨの元へ   「本当に大変なことになっちゃたわ! 早く社長に知らせないと!」   今日、イヌメンZとパーティーに行く予定だった ぽちまりが、宇宙人にさらわれる姿を目撃して しまったタリーは、とにかく事務所まで急いで 戻ろうと走っていました。   息が苦しくなりながらも、頭の中では ある一つの考えがぐるぐる巡っています。 ...
UFO現る!   今日は、お昼からイヌメンZと 人魚のぽちまりが、パーティーに出かけます。 あの招待状をイヌメンZに渡してから 1ヶ月・・・。 なんとなく今日は、タリーまで そわそわしています。   自分だけパーティーに行く後ろめたさも あるのか、珍しくイヌメンZに   「タリーちゃんもたまには半休を取れば?」   ...
ハニーのお見舞い   ある冬の朝。 珍しく早起きして、出勤前に自宅でのんびりしていた タリーは、食卓に常備されている大好きなミカンを 食べていました。   (ビタミン取らなきゃ・・・)   朝食にミカンを頬張るその肩には ミカンが大好きな『ぼくのり』の姿が・・・。 やっぱり、タリーの家には不思議な生き物 『かたのり族』がいるようです。 ...
『恋の魔法』の効果   消えた人魚。 散乱した手作りのお弁当。 そして、人魚からの手紙・・・。   今日1日で本当にいろいろなことがありました。   とにかく、イヌメンZ宛の手紙を本人に渡さなくてはと、 本人に手紙を渡したタリー。 イヌメンZがタリーとその手紙を開いた時、 “ザザン”と波のような音が聞こえてきました。   ...