ポプコレものがたり

さらわれたぽちまり   待ちに待ったパーティーの日がやってきました。 珍しくスーツ姿で事務所の前をウロウロするイヌメンZです。   約束の時間はもうそろそろ。 しかし、まだぽちまりは現れません。   (おかしいな? もしかして、何かあったのかな?)   事務所前のベンチに座ってそわそわと待っていると、 向こうからタリーが大慌てで走っ ...
意外に効果があったつっきーの魔法   あの日以来、ぽちまりの事が気になって仕方ないイヌメンZ。 手紙を見るたび、その気持ちは強くなります。 なぜならこの手紙には、魔女の卵つっきーの魔法がかかっているからなのです。   (仕事以外で、こんなに気になることができるなんて) とにかく、仕事中心だったイヌメンZにとって、こんなことは初めてでした。   そんな時、 ...
消えたぽちまりと残された手紙   バイクで病院に到着し、ぽちまりを降ろそうと振り返ると、 そこにぽちまりの姿はありませんでした。   病院の前で、ぽちまりをくくりつけていたはずのロープを 持って唖然とするイヌメンZ。 確かにいたはずなのに、途中で振り落としてしまったのかと、 一応探しながら帰ったものの、人魚は見つかりません。   (夢だったのか? ...
ぽちまりと再会するも、病院へ直行   ある日、外食しようと事務所のドアを開けると、そこには人魚が倒れていました。 そう。その人魚はイヌメンZに一目惚れした「ぽちまり」です。   イヌメンZは倒れているぽちまりを抱き起こすと、 ぽちまりのそばで散乱しているお弁当を見て食中毒を疑いました。   (なぜここにお弁当・・・? いやそんなことより、もしかして食中毒?) ...
イヌメンZを追う視線   イヌメンZのお仕事は、デザイナーです。 たまに打ち合わせなどで外に出ることもありますが、基本的にはパソコンに向かって仕事をしています。 一日中座っていると体はギシギシ。 肩だけでなく全身がだるくなってしまいます。   この日も朝から晩までパソコンの前で、新しい看板のデザインを仕上げていました。 もちろん、体中がギシギシ、肩に何かが乗っているかの ...
そう遠くない未来。 このお話は、人だったり動物だったりが同じ言葉を話して共存する 少しファンタジーな世界でのお話です。   * * *     夜のランニング   今から、そう遠くない未来。 イヌメンZという犬のお面をかぶって生活している男がいました。 彼はお面をかぶっていること以外は普通の生活をしていて、 周りも決して彼がなぜお面をかぶり ...
お地蔵様のお導き     夢枕に立ったお地蔵様と、ゆぎょの語らいは続きます。   「お地蔵様、わたしの過去って・・・それと今日の怪物とがどう関係するのか、わたしには・・・」     「記憶が戻ればあなた自身どうすればいいか分かるはずです。 そしてもうその姿は必要ないでしょう」   お地蔵様の持つ月の形の錫杖が明る ...
お地蔵様ふたたび     その夜、かぶり笠の中で眠るゆぎょの夢枕には、久しぶりにお地蔵様が現れました。 このお地蔵様は、まだざしきが旅の一行に加わっていなかった頃に 一度ゆぎょの夢枕に現れたお方。   もともと一人で世界各地を旅し、ただただこの世界の美しさに感動し、 もちろん旅先でたくさんの人々と出会ったゆぎょですが、 一緒に旅する相手はずっとおらず、気 ...
かぶり笠でひと休み     一緒に旅を続けてきたざしきがモノノケに連れ去られてしまい、 それから休むことなくざしきを追っていたゆぎょとイエローチッチでしたが、 気がつけば辺りは暗くなっていました。 そしてあっという間に夜が来て、さっきまでワァワァ喋っていたイエローチッチも ぐったりとしてゆぎょに抱かれたまま黙りこくっていました。   「チッチ、そろそろ休 ...
ハニーも怯むマルビヨの迫力     キイビヨを縛り上げ、母艦ごとバズーガ星を目指すことにしたハニー。 いつの間にかオレビヨの用意した宇宙服を着こなして、 未知なる宇宙への旅にワクワクしていました。   母艦が宇宙へ飛び立って数時間が経過し、窓の外には銀河が広がります。   「あっという間に宇宙ね。ぽちまりちゃんもゼットお兄ちゃんもこの銀河のどこ ...