おはようございます。

ポプコレスタッフハナコです。

 

以前ポプコレでもご紹介した映画

羊と鋼の森』を先週末早速観てきました!

 

 


 

 

ピアノの音色と森に癒される

 

 

そもそも、前に映画をご紹介した時から

気になっていたこの作品。

 

本屋さんで原作本が並んでいたことは

前からずっと知っていたのですが、

実はぱっと見の印象とタイトルで、

勝手にちょっと怖い話だと思い込んでいたんです。

 

それが、今回映画をご紹介するにあたって

資料を読んで見るとまさかのピアノ調律師のお話!

私、楽器は弾けないのですが、

楽器とかのお話がとても好きなんです。

 

これは観に行かないと!

 

 

 

ということで、急遽日曜朝イチで観に行ってきました!

 

 

 

 

一言で言うと、これは癒しの映画ですね〜。

森の映像とピアノの音色にとにかく癒されます。

また、北海道が舞台なので、雪のシーンも多いです。

 

また、山﨑賢人くん演じる主人公・外村くんは社会人一年目。

先輩調律師についてまわり、とにかくメモを取るんです。

(そのメモがけっこうキレイに書いてあるので、じっくり見てみたい!)

 

これ、社会人であれば覚えのある行動ですよね〜。

 

 

「どうしたら上手くなりますか?」

 

大失敗をした後の落胆。

(大失敗中の大量の汗!)

 

 

もう全てが社会人として頑張っている皆さんには

覚えのあることではないでしょうか?

 

もうその姿を見るだけで、社会人●年の私は泣けてきます。

 

 

そんな時、三浦友和さん演じる調律師としての大先輩

板鳥氏の言葉が全てにおいて響きます。

 

 

「焦ってはいけません。こつこつ、こつこつですよ」

 

 

どんな仕事もそうですよね!

友和さん!

 

 

とにかく丁寧に描かれている世界観で

あっという間の2時間でした。

 

癒しを求められる方、今まさに仕事が煮詰まっている方、

新人の方に特にオススメの映画です。

 

もちろん、単純にピアノが好きな方にもオススメ。

大きなスクリーンいっぱいに緑が映し出されたり、

ピアノのすばらしい音色が流れたりするので、

ぜひ映画館で観ていただきたいのです。

 

 

ただし!

私から一つアドバイスしたいことがあります。

 

それは・・・

お腹いっぱいにしてから行ってください!

 

 

なぜなら、静かなシーンが多いんです。

 

 

集中している時にお腹がなっている音がすると

集中力が途切れますし、

自分のお腹が鳴りそうでドキドキするのも

絶対にしんどい。

 

なので、眠くならない程度にしっかり腹持ちのいい

ご飯を食べてから行ってください!

 

私はしっかり朝ごはんを食べて行ったので

大丈夫だったんですけど、

映画館ではヒヤヒヤしている方が

いそうな感じでした。(

たまにお腹がなっている音が聞こえました。笑)

 

 

また・・・

 

 

 

 

本がメインになってしまっていますが、

このパンフレット素敵じゃないですか?

 

買ってよかった!

パンフレットも。

 

 

そんなこんなで、充実した休日を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

羊と鋼の森

 

監督:橋本光二郎

原作:宮下奈都

出演:山崎賢人、鈴木亮平、上白石萌音、上白石萌歌、堀内敬子

制作年度/国:2018年/日本

 

http://hitsuji-hagane-movie.com/

 

6/8(金)より、OSシネマズミント神戸ほか、全国ロードショー

 

OSシネマズミント神戸さんWEBサイトはこちら → 

 

 

 

タリーちゃんのシネマダイアリー TOPへ